HOME>アーカイブ>どんな準備をしてどのような選び方をすればよいか

どんな準備が必要か

医大生

医師を目指している子どもを将来、医学部予備校に通わせたいと考えているなら、早い内から医学部予備校に通うための資金を確保しておかなければなりません。医学部予備校は年間授業料だけでも200万円から500万円ほどかかってしまうからです。一般的なサラリーマンの家庭では、そのような金額をいきなり捻出するのは難しいといえるので、子どもが小さい内から積み立てておくのがいいでしょう。他にも準備として、どのような医学部予備校があるか、確認しておくことも大切です。それぞれ特色やかかる費用が異なるので、しっかりリサーチをして自分の子どもにあったところを選ぶことがポイントになります。

明確なポリシーやカリキュラムがある

医学部予備校を選ぶ際に、まず確認すべきことは、しっかりとしたポリシーがあるかどうかです。医学部予備校は勉強によって受験生を育てているという役割があるので、しっかりとしたポリシーがあるところを選びましょう。指導方法にポリシーをもっている医学部予備校は、成績をアップさせるための仕組みが整っている場合が多いからです。それによって効率よく勉強を進めることができます。さらに明確なカリキュラムを持っていることもポイントです。テキストなどは市販のものでも構いませんが、しっかりしたカリキュラムを持っているところを選ぶことがポイントになります。

豊富な受験情報を持っているか

豊富な入試情報を持っているかどうかも、医学部予備校選びのポイントになります。入試情報とは受験校の倍率や日程、出題傾向です。これらの入試情報を講師同士で共有している医学部予備校であれば、生徒にとって最適な受験スケジュールを組むことができるからです。さらいに医学部予備校は、自習室などの設備が整っているところをえらびましょう。最適な学習環境の中で勉強することができれば、合格できる確率がより高くなるからです。

広告募集中